マニュライフ 外貨建て

パワー・カレンシー

青注意マニュライフ?他社の外貨保険?

FPは高度な資格保有の保険のプロ

外貨建てはFPに無料で聞くのが一番

保険無料相談で家族分の高級黒毛和牛

右矢印保険マンモス左矢印

 


パワー・カレンシー

マニュライフ生命の外貨建て定額個人年金保険、パワー・カレンシーです。

この外貨建て保険の大まかな流れとしては
払い込み通貨は、円貨、米ドル、豪ドル、ユーロ、ニュージーランドドル
のうち一つを選ぶことが出来て、保険料の支払い方法は、まとまったお金を一括で払う「一時払い」です。

運用通貨はアメリカドルかオーストラリアドルのどちらか一方

運用・受け取り方法が
★目標設定プラン
★終身年金プラン
の、二種類かあって
特約を付ければ年金を円貨で受け取ることが出来ます。

目標設定プラン
例えば、一時(一括)払いで保険料を1,000万円支払うときに、その1,000万円を最終的に何円まで増やしたいか、1,000万円に対して120%、130%、140%、150%、から選びます。
例えば140%を選び、通貨を豪ドルを選んで、日本円で1,400万円相当になるまで待ちます。待ちます。待ちます。寝かせます。
一時払い(一括支払い)保険料が、目標設定した140%、1,400万円相当になったら、豪ドルを円貨に換金し、年金原資とします。
1,400万円の年金原資は円貨で五年確定年金として支払われます。

終身年金プラン
契約の二ヶ月後から年金支払いが開始されます。
このプランも米ドル運用か豪ドル運用か選ぶので、契約二ヶ月後から支払われる年金も基本的には米ドルか豪ドルでの支払いになりますが、特約を付けることで円貨で年金を支払い続けることが可能です。

大きなお金を最初に一括払いするので契約後二ヶ月から年金支払いを始められると思うのですが、年金の支払い額が、一括払いした一時払い保険料の1.1倍または1.3倍になるまで被保険者の生死に問わず年金の支払いが保証されるようです。
また、支払い年金総額が一時払い保険料の1.1倍または1.3倍になっても、被保険者が存命の限り年金が支払われます。

青注意FPは保険・金融・税金などの資格所持

外貨保険に関するあらゆる疑問はお任せ!

イエローカード制で、強引な勧誘無し!

右矢印保険マンモス左矢印


肉注意今、無料相談で↓厳選黒毛和牛もらえます

こだわり個人年金

パワー・カレンシー同様、外貨建て個人年金ですが、パワー・カレンシーのように最初から大きなお金を用意する必要は無く、また、外貨建てなのに円貨で毎月の保険料支払いが出来る、外貨建て出あることを除けば 世間によくある、毎月一定額の円貨を、保険会社に何十年も納め続ける個人年金と同じです。

ふぅ…やっと管理人でも縁がありそうな商品が出てきました。

毎月保険料を納める外貨建て商品は、毎月○○○ドル納めるので、為替相場の影響で毎月納める円貨は上下しますよ。というのが多いのですが、こだわり個人年金は支払う「円貨が毎月一定」なので、契約・運用通貨である米ドルまたは豪ドルが毎月変化します。

少々余談ですが
元々個人年金は保障面がやたら弱い反面、貯蓄としては生命保険の中で高レベルの商品です。どのくらい保障面が弱いかというと、死亡保険金は「その時点までの」「支払い保険料総額累計額」です。
円貨の保険商品で例を挙げると、毎月の保険料が一万円の場合、終身保険なら加入一年後で死亡したとしても契約していた死亡保険金300万円が支払われます。
ですが個人年金の場合、月額保険料一万円として加入一年で死亡すると、死亡保険金は12万円です。万が一があったら、基本的にそれまで支払った保険料が戻ってくるだけ。それが個人年金です。

こだわり個人年金に話を戻して
外貨建てと言えど個人年金なので、死亡保障はそれまで支払った保険料が戻ってくるだけ。みたいなものですが
外貨建てなので
●元々運用効率が良い個人年金が円貨よりもさらに高い予定利率で運用される
●予定利率が高いと言うことは利息で保険料の一部を補填できるので保険料が比較的安くなることが見込める
●円貨変換時は為替差益にありつける可能性がある
この利点が美味しいですね。
もちろん、為替差損などの危険もありますから、予定利率何%なら円貨変換時に一外貨単位あたり何円まてなら元本割れが無いかを、試算してもらってください。

受け取る年金の種類は二種類あります。
二種類ありますというより二種類からどちらか一方を選べます。ですね。

●保証期間付終身年金(10年)
被保険者が生存している間、一生涯年金が支払われます。
保証期間は10年なので、その10年の間に被保険者が亡くなった場合は、保証期間中の未払い払い金の現価を、死亡一時金として一括払いします。

●確定年金(5年または10年)
5年または10年に渡って年金が支払われます。
5年または10年の年金支払いが終わると、被保険者が存命でも年金は支払われません。確定期間は5年または10年なので、確定期間の間に被保険者が亡くなった場合は、確定期間中の未払い払い金の現価を、死亡一時金として一括払いします。

年金の支払い方法は四種類です。
●外貨建の年金で支払う
 契約通貨であった米ドルまたは豪ドルのまま年金を支払い続けます。
●外貨建の年金を毎年円に換算して支払う
 外貨を、年金支払いの都度円貨に替えて支払ってくれます。
●年金原資を円に換算して円で年金を支払う
 満期時まで大きく育った豪ドルまたは米ドルを全額円貨にすれば、年金支払中に為替変動の影響を受けません。
●年金を一括して支払う
 満期時まで大きく育った豪ドルまたは米ドルを、そのまんま外貨で一括支払いしてもらえます。
 満期時まで大きく育った豪ドルまたは米ドルを円貨に替えて一括支払いしてもらえます。

青注意外貨建て保険の最新情報やメリット・リスクは

FPのアドバイスが必須!相談は完全無料

アドバイスに納得できない場合気軽に断れます

右矢印保険マンモス左矢印


マニュライフ生命の外貨建ては種類豊富

他にも、マニュライフ生命の外貨建て商品は
一時払終身保険
一時払変額終身保険
などがあります。

引き合いに出すとわかりやすいと思うのですが、特に一時払い個人年金はジブラルタが長期型マニュライフが若干短期運用・支払い型といえそうですね。
一時払い商品は、退職金の運用の必要がある方や比較的余剰資金がある方に向いているでしょう。管理人のような大きなお金を持たない庶民は、こだわり個人年金の話を詳しく聞いてみたいです。

ですがこのような保険商品は複数を比較するとその良さも欠点もわかりやすくなります。残念ですが、生命保険会社の営業職は他社の保険商品との比較販売が出来ません。自社商品のみの販売が許されているだけです。
また、どの保険会社でも外貨建て商品は滅多に取り扱わない商品なので、外貨に弱い保険のおばちゃんがノリだけでゴリ押ししてくるような事態も避けたいですね。

外貨建てのような、大きな利点がある反面もしかしたら大きくなってしまう欠点も持つ商品は、ファイナンシャルプランナー(FP)にアドバイスしてもらうのがベストかもしれません。本当にわかりやすく説明してくれます。
ハイリスクハイリターンに思える外貨建て商品も、案外ミドルリスク・ミドルリターンであることがわかれば、外貨建てを怖がりすぎる必要が無いことが分かるかもしれません。

もし話を聞いてみて、あ、外貨建ては向いていないかも。と思ったら、FPのアドバイスや提案を気軽に断れます。
しつこい後追い営業などはありませんし、万が一強引な勧誘や失礼な態度を取った場合すぐに他のFPに替えることが出来ることも出来ます。
保険のアドバイスが今一つなら気軽に断れるので安心です。

青注意マニュライフの外貨建てにしますか?

FPは保険・金融・税金などの高度資格保持者

保険相談は何度でも無料で、満足度95%!

外貨リスク説明も保険の正しい節約もお任せ

右矢印保険マンモス左矢印


肉注意保険無料相談で↓A5クラス黒毛和牛。今!