マスミューチュアル生命 外貨建て

アットウィル年金型 米ドル/豪ドル

青注意マスミューチュアルですか?他社商品ですか?

FPは高度な資格を持つ保険のプロです

外貨建ては満足度95%のFPに聞くのが一番

今、FP保険無料相談で高級黒毛和牛

右矢印保険マンモス左矢印

 


大別すると二種二通貨

マスミューチュアル生命保険の外貨建て商品を大別すると
定額個人年金保険(米ドル建)(豪ドル建)
定額終身保険(米ドル建)(豪ドル建)
があり、それぞれ複数の商品展開をしています。

アットウィルという選べるドルの個人年金

その中で
定額個人年金保険(米ドル建)(豪ドル建)のアットウィル年金型 米ドル/豪ドルについて解説します。
銀行窓販商品ですので、シミュレーションとか設計書などは銀行窓口で依頼する必要があります。

米ドル商品と豪ドル商品の違いは
★通貨が違うから金利(予定利率)が違う
★保険料一時払い後の据え置き期間が違う
この二点で

米ドル商品の据え置き期間は
0年 1年 5年 10年
豪ドル商品の据え置き期間は
0年 1年 3年 5年 10年
です。
ちなみに保険料は一時払いという、保険加入時保険料全額一括払いで、日本円貨での「最低」一時払い保険料は500万円
たまたままとまった豪または米ドルを持っている場合など、最低の一時払い保険料は両方とも5万ドルです。

五百万円以上または五万ドル以上から始められる保険商品です。と言うとわかりやすいでしょう。最低でも500万円または5万米または豪ドルからのスタートという保険商品ですよ、管理人には一生無理かも。
。 契約時の金利が続く固定金利なので安心感が大きいです。

すみません、余談です。

あーあ、このサイト、高額商品ばかり書いてるよ…と呆れられるかもしれませんが、年金の終身払いという、「死ぬまで年金を受け取れる」年金受け取り方法を選ぶと、年金開始日から長生きすればするほど、受け取り年金の総額が大きくなります。

若い人ほど終身年金払いがある年金保険商品に加入すべきかも。という提案ということで、高額商品の解説をしています。
じゃぁ、管理人は高額商品に加入できる資金があるのか?という問いには
すみせん…無理っす。。と回答させて頂きます(泣)
アットウィルについては、マスミューチュアル生命保険独特の機能がありますので、是非読んでみてください。

青注意外貨建ての最新情報やメリット・リスク説明は

保険・金融の専門資格保持者のFPが最適

保険相談は無料!保険のスリム化も相談可能!

イエローカード制で強引な勧誘はありません

右矢印保険マンモス左矢印


肉注意FP保険無料相談で↓高級黒毛和牛。今!

好金利、便利な機能満載

例えば他社商品の場合は10年間外貨運用した外貨資金を年金支払い開始前に全額円に移行して、その後の為替差損を回避するなどの手法がある商品もありますが、アットウィルは、年金支払い開始日が到来しても、円に移行しません。
年金を払い続ける間、ずっと外貨で運用し続けます。
つまり、年金支払時に、年金支払い相当額だけの外貨を円貨に両替して、残りの外貨資金はそのまま外貨で運用し続けます。

だったら、年金を受け取る日がたまたま円高で為替差が出ると分かっている場合、どうするのですか?という疑問が湧きますよね?

その、為替差損回避手段の前にアットウィル最大の特徴でもある年金の分割受け取り
ターゲットレートの解説をさせてください。

年金の分割受け取り

年金の分割受け取りというのは、通常年金保険商品の年金受け取りは「一年に一回の決まった日」の年金受け取りなのです。
アットウィルの年金分割受け取り場合年一回払いもありますが、年2回払い、年4回払い、年6回払い、年12回払い、から選択できます
年に一回だけの年金受け取りよりも、一回の額は少額になりますが、一年に複数回の受け取りができるのは嬉しいですよね。

ターゲットレート

ターゲットレートというのが少々難しいかもしれません。その名の通り、1(米または豪)ドルに目標レートを決めておきます。

例えば、円貨で500万円を一時払いしたときの1(米または豪)ドルのレートが100円だとします。

500万円を一時払いしてアットウィルに加入したときのレートが1(米または豪)ドル=100円だったとします。
ですが、少しは為替差益を出しながら年金をもらいたいので、為替のターゲット(目標値)を
例えば、ターゲットレート1(米または豪)ドル=105円以上の場合、年金を受け取る。と設定します。

さらに例えば、年金受け取り 1回目受け取りの時、1(米または豪)ドル=106円だったので年金を受け取った

2回目受け取りの時、1(米または豪)ドル=104円なので年金は受け取らない

3回目受け取りの時、1(米または豪)ドル=101円なので年金は受け取らない

4回目受け取りの時、1(米または豪)ドル=107円なので、過去に受け取らなかった二回分を含めて、合計三回分の年金を、1(米または豪)ドル=107円で受け取った
ということができ、さらに為替差損を回避することができるのです。

加入時1(米または豪)ドル=100円だったので、年金受け取り時100円を割らなければ実質為替差損は無いのですが、なんというか、「自分基準の為替差損」を回避することが出来るのがターゲットレートの使い方なのです。

ということは、外貨特有の高(好)予定利率で運用されているのだから、多少の為替差損が出てもたいした損は無い、という考えなら
ターゲットを
1(米または豪)ドル=99円以上の場合、年金を受け取る。
にしても良いですし
確実に年金が欲しい場合は、ターゲットをもっと下のレートにしても良いのです。

青注意複雑な外貨建てはFPの助言が特に必要です

ぬるい提案は気軽に断れるから安心ですよ

右矢印保険マンモス左矢印


肉注意 保険無料相談で↓厳選黒毛和牛プレゼント

最大年12回受け取れる年金を生かす

年金受け取りが受け取りが、年一回払いの場合、上記の例の場合だと、二回ターゲットレートよりより下回っているので、三年間も年金受け取りが無いことになります。
さらに、年金年一回払いの場合、例えば年金受取日がターゲットレート未満だったけど、一週間後にターゲットレート以上になったから年金払ってくださいよ。ということが、出来ない。のです。

ターゲットレートと年金支払いの判定は、年金支払い当日のみで、全営業日での判断では無いのです。
では、この年金受け取りの空白をどうやって解決するか?というのが年金の年間複数回分割受け取りなんです。

例えば年6回払いだったら年一回の年金受取額をさらに六分割しますが、年に六回もターゲットレート判定日(年金支払日)があれば、ターゲットレートを割る可能性も短期で回避できるでしょう。
だったら、もっと年内受け取り回数を増やして、年金の年12回払いでいいじゃん。みたいな感じですかね。

年金受け取り方法は二種類

年金を受け取る方法は二種類です。

確定年金で受け取る場合
・米ドル商品は10年確定または20年確定になります。
・豪ドル商品は5年、10年、15年、20年、30年から選択します。

年金総額保障付終身年金は、被保険者が他界するまで年金が受け取れます

米ドル商品、豪ドル商品共に 年金原資または基本給付金額のいずれか大きい方に、保証金割合100%、110%、120%のいずれかを掛けた金額が保障されます。

青注意アットウィルにしますか?

保険・金融・税金のプロ(FP)の無料相談

FPに外貨建ての説明も老後資金の相談も可能

満足度95%!保険相談は何度でも無料

右矢印保険マンモス左矢印


肉注意今、FP保険無料相談で↓高級黒毛和牛